2019年も東西、最後の振動

mixs.は病から人を復活させると同時に人のパフォーマンスも引き上げます。

その領域にある技術をさらにブレイクスルーさせ人の為に生かすには専門技術に課題があるのではなく」、基本的な「心と身体のしくみの使い方」に懸かっています。

世界的なクラシックの指揮者、海外の演奏家、プロの芸術家やアスリートなどの課題を刹那、見極め次の領域へ送り出してきました。

今年最後の東京は、グループセッションで基本的な身体の力を引き出す振動、さらにディナーセッションでは個々の障壁となる鍵を浮き上がらせ、開けることに目的があります。

2019  東京ファイナル

https://mixs.jp/wp-content/uploads/2019/10/191116-hp.pdf

 2019  大阪ファイナル

https://mixs.jp/wp-content/uploads/2019/10/191201.pdf