どうなりたいかだけ

パニック、パーキンソン、統合失調症、、不謹慎な言い方かもしれないが、面白いほど短い時間で皆復活する。

それだけ人が元々力を持っている証、だとしたらその力を引き出せばいいだけ、、人の身体と対峙する者のやるべきことは定まり、そして治癒への可能性は限りなく広がって行く。

後はどうなりたいかだけ、

何故なら一時の復活に留まらず、さらに完全治癒、その先にある「真の予防」なっても治りやすい身体を目指すのは自分自身なのだから。

今日も言い続けている、、「自らの力を信じて」、

勿論自分自身にも、。

初川 伸二 さん 2017年8月9日 mixs.受講一回の指導前後 パーキンソンからの復活映像

 


PAGE TOP