2月18日は、プロの治療家たちへの指導だった。
砂漠に一滴一滴が吸い込まれるが如く、静かな中にも受講者一人一人の内が動き始める確かな気配が感じられた。
きっとそれだけずっと渇いていたのだろう、、

治療家たちの向こう側に浮かぶ数え切れない人々に身体の真実が僅かでも伝われば、日本は必ず浮かび上がる。
私のやらねばならぬ使命に違いない。

来月の25日は奈良に春を告げる奈良薬師寺最大の行事「花会式」(はなえしき)、
自然界のすべての生き物たちが活きづいて来る。
皆、持っている身体の力を使っている、。


PAGE TOP